月額980円(税抜)で、
この動画は見放題になります。

国本はる乃「楽満寺」


下総に過ぎたるものがいくつある。まず船橋に大神宮が、干潟に舞う千葉しがり、宗吾霊じん印旛うま、さては成田かさんりづか、飯岡、笹川、水滸伝。
九十九里には大利根が。波の花散る銚子港。
犬吠埼の灯台が名所数々あるなかには、香取郡はこみかどむら、ここなかざとにそびえたる。由緒ゆかしきその寺はずいえん観音。楽満寺。
 

国本はる乃


そろそろ浦賀にペリーの乗る黒船がやって来ようとする江戸の末。下総の国香取郡はなるいむらに、ためえもんという今年三十になる漁師がございました。
女房がおひさといって二十五。夫婦になって五年になりますけれども、まだこの夫婦に子供がない。
世の中は黒船騒ぎで大変ですけれども、遠く離れましたこの土地では至ってのんきなもので。

 

おい、おい、おひさ。何だっておめーはいつまで経っても子供を産まねーんだよ。

 

しょうがないだろ。出来ないものは仕方がないじゃないか。お前さん、いつもそればっかりだね。

 

そればっかりったっておめー。お名主様とこの猫見てみろ。時化に孕んでるじゃねーか。

 

猫と人間と一緒になるかい。第一、お前さんの種が悪いんだろ?

 

何言ってやがんだい。てめーの畑が悪いんじゃねーか。

 

種だよ。

 

畑だよ。

 

種。

 

畑。

 

って、まるでお百姓の喧嘩のよう。

所へ止めに入ったのがこみかどむらから越してきた手習い士官のそうのじょう。

 

まあまあ…お二人な、お二人な。喧嘩などしたらいかんよ。話は残らず伺ったが、ためえもんさん。子供なんというものはな、授かりものと言うくらいじゃな。そんな焦ったって駄目だよ。

 

そうのじょうさん、お前さんはね、いい子供がいるからそうやってのんきにしていられるわ。

 

いや、それがね。あたしも長年なかったのが、ふとしたことから出来たんだ。ためえもんさん、おひさ様、よい話を聞かせてあげましょう。
 

国本はる乃

 

手習い士官の仲裁で、夫婦げんかがどこへやら。たちまちニコニコ恵比須顔。りょうも休んでふたがりは、仲良く家を出ましたら、その行く先はどこじゃやら。以来、夫婦は睦まじく家業へ精出す。そのうちに軒端の梅は早散って、空にゃひばりがたかねかと、桃が咲いたよ。がくとが狂四郎酒のひな祭り。女房のおひさもほんのりと日焼けた頬を赤く染め、夫に向かいて話す夜が。

 

ちょいと、ちょいとお前様。聞いておくれなね。見るものを見ないんだよ。

 

何を?見るものを見ない?だからおめー言ったじゃねーか。紙芝居が来た時はちゃんと見とかなきゃ、あとで後悔するって。

 

紙芝居の話じゃないよ。そうじゃなくてさ。わからないのかい?ほら、すっぱいもんが食べたいんだよ。

 

何を?何だおめー。変なこと言ってんな。ほんだったら、台所入って梅干しでも何でも好きに食らいねーな。

 

そうじゃないよ。そうじゃなくてさ、ほら。出来たんだよ。

 

ほー、おできが?

 

分からない人だね、そうじゃないよ。子供が宿ったんだよ。

 

え?おひさ、そりゃ本当か?

つづきは、動画で。


国本はる乃動画一覧はこちらから

このページを共有する

玉川太福「銭湯激戦区」

秋葉原は電気の激戦区。おしゃれな若者は原宿集い。生きてる婆ちゃん巣鴨に集ゆ。韓国料理は大久保で、もんじゃ焼きなら月島と。世に激戦区は数あれど、私住んでる下町荒川区、さて何の激戦区でしょう。住宅街にそびえる煙突、風呂桶持って歩く人。実は銭湯激戦区。荒川銭湯激戦区。これ私が勝手に言っているわけじゃございません。荒川区というのは二十三区の中でも大変に狭い地域なんですけれども、その狭い荒川区の中に、何と今でも現役のお風呂屋さん、銭湯がですね、約三十軒あるんです。しかもですね、その三十軒が実感でどれぐらい多いかと言うと、私がちょっと前まで住んでおりました荒川三丁目という所ですね。徒歩十分の圏内に何と、約十軒も銭湯がございます。ほんとなんですこれ。コンビニより多いぐらいなんです。初めて引っ越してきた時に、風呂なしに住んでおりましたんで。あー、ここだなここ。きらくゆって一番ここ近い所だ。ここに毎日来りゃいいんだよな。じゃあ、この路地もちょっと試に入ってみようかな。え、また銭湯?あそこにすぐにあったのに?じゃあ向こうの定休日の時はこっちに来りゃいいんだ。いいね、二つも近くにある。いいね。また銭湯?この路地は?また銭湯?デジャブ?デジャブこれ。いやデジャブじゃない。それぐらいほんとに銭湯が多いんです。激戦区状態になりますと、他ではないようないろんなサービス、個性が生まれてくるという。そんな十軒のうちから、私調べおすすめベスト3の銭湯、今日は皆様にご紹介したいと思います。知りたくねーよって方も聞いてください。銭湯の醍醐味と言えば、やっぱり熱い風呂でございます。熱いと言えば荒川二丁目、のざき浴場。湯船の温度が四十六度。初めて足を入れた時、思わず一人で呟いた。無理!膝まで入って一度出る。腰まで浸かって一度出る。全身浸かるまで一か月。これが慣れてくると癖になり、ピリピリジンジンたまらない。水でうめるの許せない。上がると体が真っ赤っか。ある日その四十六度の熱湯に私入っておりましたらですね。三十過ぎぐらいのまだ若いお父さんでしょうか。四歳ぐらいのちっちゃな女の子を連れて入りに来ておりましてですね。そのちっちゃい女の子がですね、四十六度のその湯船の直前まで来たところで、まあ子供と言ってもその生き物としての本能でしょうね。ずっと首を振って嫌がってるんです。お父さんも、せっかく来たんだから、お前お風呂に入ろうよってんで持ち上げて入れたところ、その女の子が、熱い熱い…泣き出しちゃって。さすがにお父さんも可哀相だ、ああ悪かった悪かったてんで出してあげて。泣いておりますから、脱衣場の方に引き上げていくんですけれども、その最中もずっと女の子が、足が痛い…と泣き続けておりまして。つづきは、動画で。玉川太福動画一覧はこちらから