東家一太郎「安兵衛道場破り」

越後平野は米どころ。柴田を後に一人旅。叔父を訪ねて江戸の土地。右を向いても左を見ても、国の柴田と大違い。いずこを見ても別世界。さすが天下のお膝元。ここは浅草、観音様。お参りを済ませました安兵衛。再び賑やかな仲見世通り。雷門の手前まで来た時、いきなり一人の若い男が安兵衛の胸先を目がけるとどーんとぶつかった。馬鹿野郎、気をつけろぃ。怒鳴り散らしたその男は脱党の如くに人波へ。あまりの大声で怒鳴られたんでしばらくきょとんとしていたが、やがて我に返った安兵衛が懐を探ってみて驚いた。小銭が財布に一両あまり、他に五十両は入っていたのだが、これが見事にそっくりない。おお、そうか。あれが有名な巾着切という奴か。かねて江戸は生き馬の目を抜く所とは聞いてはいたが、すばやい奴だ。いやしかし、敵ながらあっぱれなものだな。見事見事。ってんで、巾着切を褒めながら馬喰町の宿まで戻ってきた。おかえりなさいまし。馬鹿に早うございましたな。何か変わったものでもご覧になりました?今日は幸いてんがの大名人に出会ったぞ。名人。どんな名人?あれからな、浅草へ行ってな、観音様に参詣をして、雷門の所まで来たら一人の男が身どもにぶつかったんだ。しばらく行って気がついてみたら、懐中物がそっくりないのだ。どうだ親父。見事な名人芸ではないか。旦那、そりゃ巾着切じゃございませんか。スリに物を取られて感心してりゃ世話ないよ。しかし見事だ。見事だも何も、感心してる場合じゃないでしょ。いくら取られたんです。まあ五十両と、少しばかり。少しばかりって大金ですよ旦那。いやー、しかし見事だな。旦那。それで、肝心の叔父さんってのは見つかったんですか?いやいや、見つからない。して、旦那。江戸にご親戚でも。親戚はない。お知り合いは?お知り合いもない。お友達は。お友達もない。失礼ですが旦那。あんた一文無しになって、これから一体どうなさる思し召しで。まあ今のところ、どうしようという当てはない。ないない尽くしだねこりゃ。よろしゅうございます。お世話致しましょ。考えてみると、旦那。あなたは豪傑だ。知らない所へ来て五十両なんて大金を盗られて、驚かないで平気でニコニコ笑ってるなんざ、こら普通の人間には出来ませんよ。あたしゃ何だか旦那の大きさに惚れちまったね。ようござんす。幾日、何か月でも泊まってってください。つづきは動画で。東家一太郎動画一覧はこちらから

月額見放題
国本はる乃「楽満寺」

下総に過ぎたるものがいくつある。まず船橋に大神宮が、干潟に舞う千葉しがり、宗吾霊じん印旛うま、さては成田かさんりづか、飯岡、笹川、水滸伝。九十九里には大利根が。波の花散る銚子港。犬吠埼の灯台が名所数々あるなかには、香取郡はこみかどむら、ここなかざとにそびえたる。由緒ゆかしきその寺はずいえん観音。楽満寺。そろそろ浦賀にペリーの乗る黒船がやって来ようとする江戸の末。下総の国香取郡はなるいむらに、ためえもんという今年三十になる漁師がございました。女房がおひさといって二十五。夫婦になって五年になりますけれども、まだこの夫婦に子供がない。世の中は黒船騒ぎで大変ですけれども、遠く離れましたこの土地では至ってのんきなもので。おい、おい、おひさ。何だっておめーはいつまで経っても子供を産まねーんだよ。しょうがないだろ。出来ないものは仕方がないじゃないか。お前さん、いつもそればっかりだね。そればっかりったっておめー。お名主様とこの猫見てみろ。時化に孕んでるじゃねーか。猫と人間と一緒になるかい。第一、お前さんの種が悪いんだろ?何言ってやがんだい。てめーの畑が悪いんじゃねーか。種だよ。畑だよ。種。畑。って、まるでお百姓の喧嘩のよう。所へ止めに入ったのがこみかどむらから越してきた手習い士官のそうのじょう。まあまあ…お二人な、お二人な。喧嘩などしたらいかんよ。話は残らず伺ったが、ためえもんさん。子供なんというものはな、授かりものと言うくらいじゃな。そんな焦ったって駄目だよ。そうのじょうさん、お前さんはね、いい子供がいるからそうやってのんきにしていられるわ。いや、それがね。あたしも長年なかったのが、ふとしたことから出来たんだ。ためえもんさん、おひさ様、よい話を聞かせてあげましょう。手習い士官の仲裁で、夫婦げんかがどこへやら。たちまちニコニコ恵比須顔。りょうも休んでふたがりは、仲良く家を出ましたら、その行く先はどこじゃやら。以来、夫婦は睦まじく家業へ精出す。そのうちに軒端の梅は早散って、空にゃひばりがたかねかと、桃が咲いたよ。がくとが狂四郎酒のひな祭り。女房のおひさもほんのりと日焼けた頬を赤く染め、夫に向かいて話す夜が。ちょいと、ちょいとお前様。聞いておくれなね。見るものを見ないんだよ。何を?見るものを見ない?だからおめー言ったじゃねーか。紙芝居が来た時はちゃんと見とかなきゃ、あとで後悔するって。紙芝居の話じゃないよ。そうじゃなくてさ。わからないのかい?ほら、すっぱいもんが食べたいんだよ。何を?何だおめー。変なこと言ってんな。ほんだったら、台所入って梅干しでも何でも好きに食らいねーな。そうじゃないよ。そうじゃなくてさ、ほら。出来たんだよ。ほー、おできが?分からない人だね、そうじゃないよ。子供が宿ったんだよ。え?おひさ、そりゃ本当か?つづきは、動画で。国本はる乃動画一覧はこちらから

月額見放題
柳家やなぎさん インタビュー

1990年2月18日生まれ、北海道野付郡別海町━減量、叶わず協会のプロフィール写真は二ツ目になる直前ですね。二ツ目になったらどんどん痩せてやろうと思って意気込んでいた時です。あの頃は、二ツ目になれば痩せるだろうと思っていました。いわゆるデブキャラで売る自信が無かったので、僕は開き直れなかったんです。体も心配になりますし。でも・・・駄目でした(笑)━きっかけは現実逃避僕は全く勉強が出来なかったんです。高校3年生の時に授業に追い付けなくて、現実逃避で落語をきいたのが初めてでした。それから東京に出てきてアルバイトなんかをしていて、その頃に落語が世の中で一番好きだったので、じゃあ折角なら好きなことでご飯食べたいなと思ったんです。それに普通の企業で勤めている自分の想像が全くできなかったんです。普通に働いて、ちゃんと朝起きて、ご飯食べて、仕事行って・・・みたいなのが本当に1ミリも想像できなくて、生意気ですけどそういうこともあって噺家になりました。━夢のような見習い期間普通に働くよりも前座はハードだったかもしれないですね。でも好きなことですから。好きなことやっている時は平気です。最初の半年は盲目。毎朝自宅に行くと自分が惚れた師匠がいるわけですよ。だから最初の半年は「あー!さん喬師匠いるー!」「俺、さん喬師匠のお皿洗ってるー!」「俺、さん喬師匠入った後のトイレ入ってるー!」とかそういうのが続いて、見習いの半年は寄席を知らずに師匠のお宅にしか行ってなかったです。前座は寄席でそれどころではないので、あっという間に1日が終わっていきますから。期間としては長かったですけど1日1日を見れば随分あっという間に終わりましたね。━腐っていたあの頃今だから言えますけど、あの頃は随分腐ってました。前座って大体みんな腐るんですよ。目新しいものは楽屋にはないし、伸びしろもない。今だったらその時の自分に言います。「なんだって新しいし、何にもやることないなら高座を勉強しなさい」って。でも当時は「なんか早く終わんないかなー」って腐ってましたね。━ガンダムと酒普段はずっとゴロゴロしています。何もなければ家でゴロゴロして1日終わります。お酒飲んで終わり。二ツ目になってから、仕事をした日以外は飲まないと決めてますね。常備はしていますが、飲み始めるといつまででも飲んでしまうので。だから仕事した日はご褒美に飲んでいいことにしています。ガンダムを見て家でゴロゴロ。夢のようです。そうやって生きていきたいですね。お酒はなんでも好きですよ。━師匠、ごめんなさい!師匠はお酒を飲まない人なんですが「お前飲んでいいぞ」と言われ、最初はもちろん断わりますよね。でも進められて飲んで、気が付いたら僕が助手席で師匠が車を運転しながら「この辺でいいか?」って(笑)ごめんなさいっていつも思っています。同じことが何回かありますね。次の日は何事もなく「昨日はごちそうさまでした」って。だって師匠が飲めって言うんですもん(笑)僕だって「一人で帰ります」って言うんですよ。でも「いやいや送っていくよ」ってお言葉に甘えています。「テメぇ、この野郎」って思われているかもしれないな。━コツコツとやるのみ不器用なので本当にコツコツと目の前にある課題とか自分に出来ることをやって、噺家は死ぬまで噺家だと思うので、その頃には1ミリでも自分の師匠に近づいていたいですね。根本的に稽古をもっとしなきゃいけないと思います。とにかく噺をいっぱいやらないと駄目だなと思っています。━師匠のおかげ声が大きいのもこの世界に入ってからで、本当に師匠のおかげです。いわゆる腹式呼吸どうのっていう指導はないんですよ。だけど「さん喬」という師匠は、朝お宅に行って新聞を読んでいるところに「おはようございます」と言っても返事をしないんですよ。声を張って「おはようございます!」って言うと「おはよう」って返してくれる。無言で「お前の声は聞こえませんよ」って伝えてくれていたんだと思いますね。稽古の時も「腹から声出せ」って言われていました。一番最初に「こんちわ!隠居さんこんちわ!」って言うと「もう一回、腹から声出せ」って。初めて教わった噺も最初の「こんちわ!」だけで30分くらい。なので、この世界のことはこの世界に入ってから全部出来るようになりました。といっても、まだまだですね。もっと面白くなりたいです。柳家やなぎ動画一覧はこちらから

宝井琴柑さん インタビュー

10月21日生まれ、神奈川県横浜市出身━伝えたいこと講談って難しいといわれるので「難しくないんだよ!」っていうことと、今のお客さんに楽しさを伝えたいなっていうのは日ごろ考えてます。━話芸で勝負子供のころから親の影響で講談は聴いていました。中学生のときにアマチュアで習い始めて講談が身近ではあったんです。でも職業にしようと思ったのは、大学卒業後に出版社の営業職を経験してあちこち回っているうちに、営業トークも話芸だなと感じたとき。話芸だったら講談ってのがあったなと思い出して、じゃあ人の作った製品を売り歩くより自分の身一つでやっていけないかなと足を踏み入れたのが一番のきっかけです。━修行で変化突然講談の世界に身を置くことになり、私の周りの人たちはびっくりしていたと思います。講談師になってから話し方がだいぶ変わったので、以前の私を知ってる人からは「どうしてそんな喋り方なの?」と言われたりもします。元々はすごくトロくさくて舌っ足らずって言われたこともあったくらいだったのが、修行によってハキハキした喋り方に変わっていきました。自覚もありますね。━ここが自分の居場所やっぱり芸って難しいです。客として客席から見てるときは「前座さんか、二ツ目か。ふふん」って感じで気楽に見ていたんですが、いざ自分でやるとなると結構難しいもんだなと。挫折というほどの挫折をまだしていないのかもしれないです。でも、辞めたら後がないってことは思います。普通の社会人としてはあまりうまく生きていけそうになかったので、ここでダメだったら本当に後がない、ここが自分の居場所だってつもりでいます。━営業職のおかげで強くなれた営業職はノルマに追われ、営業トークも全部ひっくるめて仕事が辛い。でも元々そんなに喋ることが得意ではなかった私が、ガンガン人に喋れるようになったのは営業職のおかげだと思っています。物怖じしなくなって人見知りもしなくなりました。電話もかけまくって、初めての人でもガンガン行くっていう感じは営業職で鍛えられたのかなと。ただ、精神的にも体力的にもすごくハードだったので「もうやっていけない・・・」という感じでした。━大変なのはみんな同じ就職をせずに講談師になる選択肢はなかったですね。就職先でうまくいってたらそのままずっと安泰に暮らしていたと思います。講談の世界に入るよりも前に社会人として挫折を味わってますので、逆に講談の道に入っても頑張れるっていうところはありますね。どんな仕事もみんな大変なんだってことが身をもって分かった気がします。よく「芸人の世界って大変なんでしょ?」と言われますが、世の中の方々みんな働いてそれぞれ大変だなというのが実感ですね。━史跡めぐり最近は史跡めぐりにハマってます。昔はそこまで歴史好きというわけではなかったんですが、講談をやっていると各地の話が出てくるので気になります。旅行のついでに歴史に関係する場所を観たり、普通の人が素通りしてしまうような地味な史跡を観たり。手掛けている講談がその土地の話だったりすると、話にリアリティーを持たせるために現地へ行くことがよくあります。プライベートと仕事の線は引きづらいですが、そんなことも楽しいです。━見た目も含めた全てで喜ばせたい見た目も含めた全てがお客さんを喜ばせる為のツールだと思っているので、着物はきちんと着ていたいです。一応、侍が出てくるときは袴、町人のときは庶民みたいな着物・・・というように話に合わせて選びますね。敬老会みたいなところだとハッキリした色のほうが喜ばれたり。会場の大きさによって柄の大小も意識したりします。嫌味のない感じできちんと着ていたいですね。━祝!真打昇進内定来年(2019年)の秋、真打に昇進することが内定しました。次のステージに行かなければならないので、今までやってきたことを一生懸命固めようとしてます。昇進のタイミングが近づいてくると周りからも「そろそろなんじゃないの?」とか「いつなの?」とか言っていただけるので、二ツ目の後半ぐらいにそうやって言ってもらえるようになったのは嬉しかったですね。「楽しみにしてるよ」と声をかけていただきつつあったので、嬉しいなと思ってるときに内定頂けてよかったです。でも真打ちというポジションに見合うだけのものにならなきゃなりませんので、あと1年ちょっとの二ツ目の期間で思い切り勉強したいなと思っています。宝井琴柑動画一覧はこちらから

三遊亭兼太郎さん インタビュー

1989年1月2日生まれ、東京都東村山市出身━猿顔?以前、兄弟子が「兼太郎」でネット検索をしたことがあったんです。「すごくいいことが書いてあるぞ」と言われ期待して覗いてみると「顔が人間離れしている」と書いてありました(笑)それ以来、傷つくのでエゴサーチはしてません。学校寄席で「猿だ」と言われることも。耳が大きいのでよく言われますね。うちの師匠も稽古の時に「お前はまだ火を扱えないから」と言いだして、何かの比喩かと思ったら、世界史の教科書で人類の進化の過程を見ながら「これは火を持っている人で、お前はまだ扱えないからアウストラなんちゃら。四足歩行の感じだから気を付けて」って(笑)あと「お前のかっこいいと思ってる顔は一番笑えるから気を付けて」とも言われました(笑)━初めての寄席で涙祖父が落語好きでした。小学生ぐらいのとき、当時アニメで盛り上がっていたので秋葉原に行きたいと言ったんです。そしたら何故か上野に連れて行かれ鈴本演芸場へ。その時、寄席に対してすごく感動しました。10歳ぐらいながら感動して泣いていたんです。祖父が亡くなってから談志師匠の現代落語論が出てきて、そこから落語にちょっと興味を持ったりしました。単純に落語すごいなと面白いなと思いましたね。━職業経験豊富この仕事で4つ目です。大学を卒業してまずは駐車場の会社に入りました。だた、駐車ができなかった。僕の運転で外回りに行くと、助手席の上司が命の危険を感じて「イヤー!!」と叫ぶんです。それで辞めて、次は介護士。お爺ちゃんお婆ちゃんと喧嘩して辞めました(笑)そのあとは空調清掃をやって、うちの師匠に入門という感じです。━嫉妬するくらいならうちの師匠をすごく好きで、愛していたので入門しました。あとは、サラリーマンを辞めたときに「俺、生きていけないんじゃないか」と思ったんです。でも介護とかいろんな仕事に就いたときに「仕事っていっぱいあるんだ」と気づきました。それに大好きな師匠に弟子ができてしまったら、自分はその弟子に嫉妬するんじゃないか?だったら自分が弟子になったほうが早いなと。そう思ったんです。この発想、猿とは思えないでしょ?(笑)━頭を丸めすぎて自分はしくじりっぱなしですね。何回しくじったかわからない。そのたびに坊主にして・・・。ある師匠が「あいつは頭丸めすぎだ。坊主にするのは最終手段だから、破門とか言われたらどうするんだ。下の毛を剃るのか」って(笑)かれこれ20回くらい頭丸めてますので。━お客さんと一緒に普段のまんま落語になればいいなと思います。噺を通してお客さんと場を共有しているので、お客さんと一緒にその世界に行きたいなっていうような感じですね。もちろん売れたいですけど、でもそれは自分が主観的に見るものではないので。「あの人売れてるね」って言っても、その人は売れてないと思ってるかもわからないですから。━一人の人に届けばいい小さい会場のほうがやりにくいとは思います。大きい会場だと、半分の人が笑えばウケた感じがするので。例えばすごく好きなお姉さんが来てくれたとして、そのお姉さんがものすごく笑っててくれればいいかなっていうのがずっとありますね。一人の人に届けばいい。━4年の前座修行を経て二ツ目歴は半年くらい。ホヤホヤです。大体前座は3年くらいなんですが、うちの師匠が4年くらいだったこともあって僕も4年でした。二ツ目になって暇ですね。本当に仕事しないと・・・と言っても面白い兄さん方も腐るほどいらっしゃいますので。僕なんか毎日朝早く起きてずっと稽古して・・・っていう夢を見ながら寝てます(笑)三遊亭兼太郎動画一覧はこちらから

立川志獅丸さん インタビュー

1976年4月19日生まれ、東京都豊島区出身━農業?経済?出身は農業経済学科です。作るほうではなく貿易とか、農業に特化した経済をやる学部でしたね。今でいうとTPPとか。僕のころは狂牛病が出たらどうするのかってことで盛り上がっていた時代でした。ただ、簡単に言うと経済学科なので文系と一緒なんです。だから就職も普通。専門職というよりは一般的な文系の人と同じように就活をして、呉服屋で2年ぐらい販売の仕事をしてました。━話芸を身につけようとして落語を聴き始めたのは中学2年。だからといって落語家を職業にしようだなんて全然思っていませんでした。中高男子校で、大学も農業経済。キャンパスは理系と同じで女性が少なく、おまけに柔道部だったので女の子に無縁でした。そのまま呉服屋に就職したもんだから、周りには女性が増えたものの免疫がなくて全然喋れなかったんです。しかも一番初めの配属が大阪の京橋で、強烈なおばちゃんとかがお客さん。そこで話芸を身につけようとしたら、落語にハマっちゃったっていうことですね。━落語家になるために辞職仕事は落語家になるために辞めました。上司に「落語家になるから辞めます」って言ったら「ふざけるな。何を言ってるんだ」って驚かれましたね。だけど止めることすら難しかったんだと思います。向かないから辞めるとかではなく、急に落語家になりたいと言い出した奴がいるぞっていうので。━真打トライアル振り返ってみるとあっという間ですね。逆に16年経っちゃったんだ・・・って感じもします。16年でこれだけかっていうのもあるし、まだまだだなって思いもあったり。あと4年で20年ですからね。焦るのは毎日焦ってます。余裕がないですね。ただ、今年から真打トライアルを考えているんです。いかに師匠にアピールするか。国立演芸場で3回やることが決まっていますので、そこで師匠を納得させられるかどうか。もう16年ですから、いよいよ来たかって感じですね。キャパが300ある会場なので埋まるか埋まらないか。というよりも埋めてみせなきゃいけないのでそのドキドキがありますね。ただ、それがあるから今はすごく充実してる感覚もあります。━バスケットボールと仕事趣味はバスケットボール観戦です。アルバルク東京のラジオもやらせていただいています。きっかけは3年前。栃木でラジオの帯番組を持たせてもらっていたときに「リンク栃木ブレックス」というチームに渡邉裕規っていう落語好きな選手がいると。それで共演していたアナウンサーが引き合わせてくれたんです。そこから渡邉選手と仲良くなってバスケを観るようになりました。今はちょうど住んでいる地域がアルバルクの本拠地であり、僕がバスケに詳しいというのでお声をかけていただいてやっています。━煎餅他には・・・煎餅かな。YouTubeで茨城県の美味しいところとか紹介することがあって、お醤油屋さんの素焼きの煎餅っていうのに出会ったんです。醤油も何もついてない煎餅を焼いただけのものを夜な夜なトースターで温めて自分好みの味を見つけるという。急に地味ですね(笑)━面白く語れる落語一番は、自分の独演会でお客さんが入るような落語家になりたいですね。メディアとかで顔を売るのもそうですが、元は落語ですからやっぱり面白く語れる落語を目指していきたいですね。お金を稼ぐなら自分の落語で稼ぎたい。真打トライアルで300席いっぱいになれば月に1回でも相当になると思うんですよ。でも、どちらかというと気楽にやりたいかな。だけど自分のペースでやっちゃうと怠けそうな気もするし・・・難しいですね。━全ては高座につながる師匠のように表に出ることを目指しています。でも、テレビに出る人は特殊能力だと思うんですよ。うちの師匠だったら昔は映画の評論とかが出来たり。師匠がよく言うのは「人間的に面白くないと面白くならない」と。だから、いろいろやってみて面白くしていくって言うのはそういう部分にあるかなと思いますね。ほかの活動がすべて高座の上につながっていくっていう感じです。立川志獅丸動画一覧はこちらから